甘い審査キャッシングローン

融資先の選び方

キャッシングをする際の借り入れ審査でも、金融業者によって相違します。甘い業者もあれば、厳しい業者もあります。審査が厳しい業者とは、支払い能力の高い優良顧客を専門に取り扱っていることが特徴ですが、大手メガバンク系列の消費者金融などがそうです。

大手は大変審査が厳しいので、他社からの借り入れが多い多重債務者などは、審査に通る可能性は低いと言わざるを得ません。こういった多重債務者の方は、比較的審査基準が甘いキャッシングローンを活用するとよいでしょう。

キャッシング一覧

お金を借りる前に

一旦金融会社でお金を借りてしまうと、その時点から元金の他に利息を支払わねばならない義務が発生します。少しの金額なら、その利息もそれほど気になりませんが、借りた額が多ければ利息も自然に増えていきます。

現在は法改正によって以前ほど金利は高くありませんが、それでも金融会社をボロ儲けさせるほど、お金を借りた消費者は高い利息を支払っているということです。

お金を借りる前に、今一度、親と知人関係から借金できないと当たってみるべきです。思わぬところから借りれたりするものです。こういった知り合いから借りれたら、金融業者のように高い金利を支払わなくてもいいので、借金の完済までの時間が大幅に短縮できるはずです。

そういった知り合いからの借金が出来ないのなら、勤務先からの前借り、あるいは生命保険の解約等をして金策が出来ないか、考えてみるべきです。

消費者金融で借りるのは、そういった金策がすべて不能と断定されてからでいいでしょう。いわば最後の手段です。

審査の甘さと利息の関係

殆どの方はご存知かと思いますが、低金利で借りれる大手銀行系のカードローンは基本的に審査基準が高く設定されています。審査基準が高いということは、借入件数が少ない優良顧客のみを対象にしているということで、借入件数が多い多重債務者は対象外ということです。

それとは逆に、審査基準が甘く設定されているローン会社の金利は、法定金利一杯に設定されていることが大半です。借入件数が多い多重債務者でも融資は可能だけど、金利は高いということです。

したがって、借入件数が多い方が低金利でお金を借りることは、事実上不可能と考えたほうがいいでしょう。低金利のカードローンを利用したいと考えるなら、現在の借入を減らした上で申し込むしか手立てはありません。